きのう、鳥取県内での地震が起きた

きのう昼過ぎ2時期7分位鳥取県内中程を震源とする地震がありました。震源の深さは10キロで、マグニチュード6,6の地震だったとのことです。その地震につき瓦屋根が崩れた実家がテレビや新聞紙で報じられていました。またテレビでは地震突発インサイドの鳥取市内の格好が写されていました。こういう地震で鳥取県での停電が発生したとのことです。
4月に熊本地震があり10月に鳥取地震と立て続けに地震がおこっているようです。私の住むゾーンも201年間3月の東日本大地震以降、規模の小さい地震が頻繁に起きています。ちっちゃな地震なので、また地震が起きたのかという感じになっている。
日本各地で大地震や津波に備えるようになってきていますが、まだまだの部位も多いようです。私の店近くにある習慣会館は今耐震工事を通じていて、間もなく工事が終了するようです。耐震工事はスパンと費用が繋がるので、なかなか工事が進んでいないようですが、地震はいつ発生するかはわかりませんので、耐震工事はすみやかにもらいたと思います。日本にいる限りどこでも地震が起きますので、大地震に常に備えておかなければならないのでしょう。常に備えておけば地震が起きた時でも慌てることはないでしょう。またそのためにも避難躾は毎日やってくべきです。詳細はこちら!